法人概要

社会福祉法人美竹会は豊川市金沢の地でケアハウスみその設置経営を機に設立されました。組織的なバックアップの無い、きわめて小さな法人ですが、「家庭的できめ細やかなサービス」をモットーに福祉に取り組んでいます。この写真は「ケアハウスみその」のパンフレットの表紙に使っていますが、私たちの立地する金沢はこの風景に見られるように、東三河地方を縦断する豊川と本宮山という豊かな自然に抱かれて歴史と文化が息づいてきたふるさとです。

みその」について

「みその」は社会福祉法人美竹会が実施するサービスの呼称です。法人所在地である愛知県豊川市金沢町の一部地域の古い呼び名「御薗」から名付けました。有史以来人々の生活と文化が育まれたこの地域の皆様の後押しによって私たちは福祉事業を立ち上げることができました。地域社会に生かされ、地域社会に貢献し、地域社会に息づく存在でありたいという思いを「みその」という名前に込めています。

ロゴマークについて

logo

社会福祉法人美竹会では平成16年4月に法人としてロゴマークを定め、名刺、パンフレットや封筒などに使用しています。車両にはシンボルカラーの若竹色をベースに「MISONO」のロゴを使用しています。ロゴマークは若竹色の四角の枠にひらがなの「み」の字をレイアウトしています。「み」は「みその」「美竹会」の頭文字です。また「み」だけでなく漢字の「竹」も併せて表現しています。さらに節のある竹が3本縦に並んでいるようにも見えます。音で「3(み)たけ」と掛けてあります。青々とぐんぐん成長していく若竹、柔軟で堅固なしなやかさを経営理念実現のプロセスに重ね合わせています。

美竹会について

当法人は平成9年6月20日にケアハウス設置のため認可いただいています。設立発起は平成7年11月に遡ります。高齢化社会を迎えつつあるころ、福祉が特別の方のための措置であった時代、福祉にサービスという概念で幅広く社会に貢献していこうという思いを実現する過程が、まるで伸びゆく若竹のように力強く、社会環境などの大きな変革にも柔軟にしかし、理念は堅固に愚直であるというしなやかさを「美」しい「竹」という言葉で表現し法人名としました。